フライパン.info

ruhru ルール 健康フライパン ドイツ製 高級ブランド

ruhru ルール 健康フライパン はドイツ製の高級ブランドとのことで、最近よく広告を見かけて気になっていた商品です。
人気の理由を探るため、まずは詳細を確認してみました。

一番の魅力は、焦げ付きにくく洗いやすいコーティングフライパンでありながら、コーティングフライパンの弱点とも言える耐久性能を非常に高めたことでしょう。


あなたのフライパン焦げ付きませんか?ruhruのフライパンは焦げ付きません。

ruhru(ルール)健康フライパンは、数十年間、ドイツを始めヨーロッパ全地域で最高料理場用品として認められた世界最高ブランドのフライパンです。

みんなが待ち焦がれたドイツ製法の本物のフライパンが日本上陸。
ドイツからやってきたダイヤモンドナノコーティング製の高級フライパン。
油不要で焦げ付かないプロおすすめの性能を10年以上維持できます。

ruhru(ルール)健康フライパンは、チタニウムとナノダイヤモンドでコーティングされているのが特徴です。
内側4層、外側3層の【7層コーティング】でさらに耐久性を高め通常使用の下で長期の使用を可能にしました。

一般的なテフロン加工、フッ素加工のフライパンは、塩によってコーティングが剥がれ易く使い込んでいくうちにすぐに焦げ付きが発生します。
特にチタニウムは、塩分に強く、どんな食品を料理してもフライパンに食べ物が焦げ付きにくいのは、このチタニウムコーティングによるものです。
しかもドイツ基準の生産方式で徹底した品質管理により生産されていますので、安心して長期間ご使用できます。

ruhruルール健康フライパンは、10年長期保証!

●いつまでも長期間焦げ付きにくいフライパン!
●プロも欲しがる本物のフライパン!
●底が厚くて蓄熱力の高いフライパン!
●味や色を損なわず美味しく作れるフライパン!
●洗いが簡単なフライパン!

ノンスティック加工(焦げ付きにくい)のフライパンなのですが、なぜそんなに長持ちするのでしょう。
フッ素コートのフライパンの寿命は短く、一般的に半年から、持っても2年程度と言われています。
ruhruルール健康フライパンは、ドイツの規格で製造されているという時点でいかにも丈夫そうではありますが。

~ruhru健康フライパン5つの特徴~

1.油いらずで健康的
フライパン表面にダイヤモンドとチタンのダブルコーティングを施しているので、食材が本当に焦げ付かず、油も吸収しません
だから、どんな食材でも油を使わずに調理できます。
たとえば、チャーハンや野菜炒めなどをベタつかせることなく、食材の味をそのまま活かすことができます。

2.簡単に洗える!
仮に油を使って調理しても、油を吸わないコーディングのおかげで、フライパンの表面に油が残りません。
料理後の洗剤使用量もぐっと減り、エコで経済的。

3.高性能な熱伝導率
フライパン側面の厚さが3.5mm、底の厚さが8mmもあるので、食材に均一に熱を伝えてムラなく焼くことができます。
たとえば、ふたをして魚を焼けば、ふっくらと骨の周りまで火が通り、生焼けになりません。

4.安全
コーディング剤に、人体に有害なフッ素樹脂(PFOA)を使用しておりませんので、体に有害物質を取り込むことがありません。
ドイツ試験機関の厳格な審査をパスしており、安全が保障されています。

チタニウムとナノダイアモンドを使用した7重コーティングが最大の特徴で、チタンは塩分などの腐食に強いため劣化がかなり防げるようです。
素材は100%アルミニウム鋳物で底8mm、側面3.5mmの厚さがあり蓄熱力が高いため、あらゆる料理に使えます。
ルールフライパンでご飯を炊くと、とてもふっくらと仕上がります。

通常のフライパンは、2~3mmで厚くても5mm程度。
厚みなりに重みがあるので、大きいサイズのものだと振るのは大変かもしれませんが、熱伝導性がよいので、そもそも振る必要があまりないと言えます。

気になる10年保証の内容は、購入後1年以内の再コーティング初回無料。
その後は10年間何度でも一律5000円でコーティング出来るというものです。

初めてのルールフライパンのオススメはこちらの24cmサイズ。
程よい大きさで、適度に深さもあるため使い勝手の良いタイプです。
別売りの蓋を利用すれば、蒸し焼きもできて料理の幅が広がります。
まずは手頃なサイズで使い勝手を確認すると良いと思います。


ruhru(ルール)健康フライパン (24cm x 7.5cm 深鍋 IH&直火用)【EN-324Di】


料理をもっと美味しくするドイツ製フライパン ruhru

スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメント

Return Top